交通事故を弁護士に依頼するときの値段はいくら?

交通事故の被害者になったら、なるべく早めに弁護士に依頼しましょう。ただし、一口に弁護士と言っても、それぞれ費用が異なるので注意が必要です。ここでは、弁護士に依頼する際の費用の相場や、事務所選びをする際の注意点などを紹介します。

弁護士の選び方を事前に把握しておけば、いざというときも慌てずにすむでしょう。

⇒交通事故の示談を弁護士に依頼したときの報酬の相場について

弁護士に依頼するメリット

自分が実際に交通事故の被害者になると、保険会社との交渉など面倒な手続きが待ち構えています。怪我の治療をしながら交渉をするのは、被害者にとって非常に大変なものです。少しでも負担を軽減したいのであれば、早めに弁護士に依頼しましょう。

弁護士に依頼すれば、面倒な手続きをすべて代行してくれるため、被害者は怪我の治療や自分の仕事に専念することができます。知識豊富な弁護士が保険会社と交渉すれば、損害賠償金が増額される可能性が高くなるため、自分で交渉するよりもメリットが大きいと言えます。

弁護士費用の相場

弁護士を雇うとなると、当然ながらお金がかかります。弁護士報酬は各事務所が自由に設定できるため、どの弁護士に依頼するかによって金額が変わってくるので注意しなければなりません。弁護士に依頼する前に、まずは相場をチェックしておきましょう。

相場を把握しておけば、費用の高すぎる弁護士を事前に避けることができます。相場をチェックする際に役立つのは、各事務所のホームページです。最近はホームページ上で報酬を公開している事務所が多いので、金額を比較する際の参考になります。

交通事故の弁護士費用は「報酬金20万円+損害賠償額10%」もしくは「着手金20万円+損害賠償額10%」に設定している事務所が多い傾向にあります。一見するとどちらも同じ金額に見えますが、着手金の有無が重要なポイントになります。

着手金というのは、弁護士が実際に事件に着手するためにかかる費用のことです。着手金のある事務所に依頼すると、途中で解約したい場合に、原則として着手金を返金してもらうことができないので注意しなければなりません。

最近は着手金無料の事務所が増えているので、心配な人は着手金のかからない事務所に依頼すると良いでしょう。弁護士費用を比較するときに注意すべきは、損害賠償額です。損害賠償額の計算方法は事務所によって異なるため、依頼者との間で認識の食い違いが生まれる場合があります。

契約を結ぶ前に、各事務所の損害賠償額の計算方法を確認しておきましょう。

途中解約の違約金と実費に注意

弁護士を選ぶときは、途中解約の違約金に注意しましょう。着手金無料の弁護士だと一見お得なように見えますが、途中解約の違約金を高く設定している事務所があるので注意しなければなりません。「着手金無料だからとりあえず依頼してみよう」などと安易な判断はせず、事務所の実績や評判などを確かめてから依頼するようにしましょう。

依頼する前に弁護士と面談して、良し悪しをチェックすることも大事です。相談しやすい弁護士であれば安心ですが、説明が下手な弁護士だと途中で不安を感じることがあるでしょう。途中解約しなくてすむように、良し悪しをしっかり見極めてから契約を結ぶようにしましょう。

弁護士と面談せずに契約を結ぶこともできますが、最初に弁護士の人柄や弁護方針を確認しておかないと、契約してから後悔することもあるので注意が必要です。地元に交通事故専門の弁護士がいればいいですが、そうでない場合は遠方の弁護士に依頼せざるを得なくなります。

その場合は、実費も気にしなければなりません。例えば、地方に住んでいる人が東京の弁護士に依頼した場合、交通費だけでも高額になってしまいます。実費が無料になるケースはほとんどないため、遠方の弁護士に依頼する場合は、交通費だけでなく日当にも気をつけましょう。

日当とは、弁護士が裁判所や調査に出向くなど、事務所を離れて仕事をした場合に支払う費用のことです。弁護士を1日拘束するだけでも高額になってしまうので注意が必要です。弁護士と直接面談する際は、自ら事務所まで出向かなくてはならず、その際の交通費もかかってしまいます。

遠方の弁護士に依頼すると、お金だけでなく時間もかかってしまうため、なるべく近場で良い弁護士がいないかどうか探すようにしましょう。

⇒交通事故の現場検証から弁護士が導きだした答え!交通事故を起こしたら弁護士に相談!

弁護士費用を安くする方法

弁護士費用を少しでも安くおさえたいのであれば、成功報酬制の弁護士事務所に依頼しましょう。成功報酬制とは、着手金が無料で、増額が成功した場合のみ報酬金を支払う制度のことです。この場合、示談金に応じて報酬額も決まるため、弁護士費用も安く節約することができます。

成功報酬制なら弁護士費用が示談金を超える心配もなく、リスクも少ないため、初めての人でも安心して依頼することができるでしょう。

⇒交通事故の示談交渉で役立つ!弁護士特約とは?

失敗しない弁護士の選び方

実際に弁護士に依頼すべきかどうか迷ったときは、無料相談を利用してみましょう。最近は多くの事務所が、初回に限り無料で相談を受け付けているので、事務所選びに迷ったときに活用することができます。無料相談では、弁護士がおおよその見積もりを出してくれるので、具体的な費用を知ることもできます。

交通事故のケースによって弁護士に支払う費用も変わってくるので、複数の事務所で相談をして、費用を比較してみるといいでしょう。事前に時間をかけて弁護士を選ぶようにすれば、途中解約のリスクも極力抑えることができます。

弁護士を選ぶときは、費用を比較することも大事ですが、過去の実績を比較することも重要です。一口に弁護士と言っても、それぞれ専門分野や得意分野が異なるため、交通事故案件に力を入れている事務所とそうでない事務所があります。

交通事故の依頼をするのであれば、交通事故案件の実績が多い弁護士を選ぶようにしましょう。事務所のホームページを確認して、過去にどのような案件を扱ってきたのか、事前に確認しておくことが大事です。知人の紹介で弁護士を選ぶ人がいますが、この場合、紹介された弁護士が必ずしも交通事故に詳しいわけではないので注意が必要です。

知人の紹介とはいえ、自分と弁護士の相性が悪ければ安心して任せることができません。知人の紹介であっても、必ず弁護士と面談してから、契約を結ぶかどうか慎重に判断しましょう。

参考「弁護士法人アディーレ法律事務所